2021年の東大合格者数の高校別ランキングを図録として掲げた。過去の年次の図録は右の「関連図録」参照。1951年以降の長期推移は図録3860参照。東大と比較した京大合格者数ランキングは図録3857、東大・京大以外の主要国立大合格者ランキングは図録3860c、早稲田大・慶応大の合格者ランキングは図録3860e参照。大企業トップの出身高校ランキングは図録3861参照。

 東京の開成高校が、例年の如く第1位であるが、合格者数は144人と昨年の185人からかなり減った。2位は兵庫の灘の97人だった。第3位は東京の筑波大付属駒場の89人だった。第4〜5位は東京の麻布、神奈川の聖光学園であり、それぞれ、85人、79人だった。

 以下6位以降40位までを順位順に掲げると、西大和学園、桜蔭、渋谷教育学園幕張、日比谷、駒場東邦、横浜翠嵐、浅野、海城、栄光学園、県立・浦和、久留米大附設、渋谷教育学園渋谷、早稲田、ラ・サール、旭丘、岡崎、甲陽学院、東京学芸大附、東海、筑波大附、東大寺学園、武蔵、洛南、水戸第一、土浦第一、市川、女子学院、豊島岡女子学院、西、富山中部、宇都宮、千葉・県立、国立、小石川中教、修猷館、攻玉社である。

 次に、同じデータから、東大合格者数を卒業生数で除した東大合格者率のランキングを計算してみると、第1位は筑波大付属駒場であり合格率は55.6%(東大合格者89人/卒業生160人)となっている。第2位は灘、第3位は開成である。

 東大合格率の高い高校では、在学生の4〜6割が現役か浪人で東大にはいることになるわけであり、東大に行って当たり前のような気分があるのではと想像される。


(2008年3月25日収録、2020年3月27日更新、2021年3月28日・30日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
東大合格者数
高校ランキング
3858 最新年
3858b 2008年
3858e 2009年
3858g 2010年
3858i 2011年
3858k 2012年
3858m 2013年
3858o 2014年
3858q 2015年
3858s 2016年
3858u 2017年
3858w 2018年
3859a 2019年
3859c 2020年
3860 長期推移
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)