東京オリンピックで“楽しみな競技”を複数回答で聞いた意識調査の結果では、「水泳(競泳)」が41.4%で1位、「陸上(マラソン)」が37.9%で2位となっている。

 2018年から19年への変化を見ると「陸上(マラソン)」と「テニス」への期待が高まっていることが分かる。前者は2018年10月に大迫傑選手が日本記録を更新するなど日本選手の活躍への期待が高まったため、後者は、全米オープン、全豪オープンを連覇した大坂なおみ選手の活躍によるものと思われる(マラソンの日本記録については図録3989j参照、大坂なおみ選手の世界ランキングについては図録3978h参照)。

 調査後の2019年6月に男子陸上100mでサニブラウン・ハキーム選手が9秒97の日本新記録を樹立したので、今は、陸上(マラソン以外)が期待値を上げていよう(陸上男子100mの日本記録については図録3988p)。

 一方、期待が低まっているのは「体操」、「新体操」などである。有力選手の不調などが影響していると思われる。

 期待が集まっている順に20位までの競技名を挙げると、水泳(競泳)、陸上(マラソン)、体操、野球・ソフトボール、卓球、サッカー、バレーボール、柔道、陸上(マラソン以外)、テニス、バドミントン、レスリング、バスケットボール、水泳(シンクロ)、新体操、ゴルフ、水泳(水球)、スケートボード、ラグビー、空手である。

(2019年6月29日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 労働
テーマ  
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)