週刊誌について国民の何%が読んでいるかという読書率を掲げた。

 一般誌・男性誌で最も読まれているのは週刊文春の12%であり、週刊新潮の9%がこれに次いでいる。5年前の2013年には週刊文春と週刊現代が11%で並んでいた。週刊文春を除いてこの5年でいずれも読書率が低下傾向にある。

 女性誌で最も読まれているのは女性自身の13%であり、女性セブンが9%でこれに次いでいる。こちは5年前と変わりがない。

 ビジネス誌では日経ビジネスがやや週刊東洋経済と週刊ダイヤモンドを上回っている。

 コミック誌では少年ジャンプが7%で最も多く、少年マガジンがこれに次いでいる。コミック誌はいずれも5年前から読書率が低下傾向にある。

 雑誌を読んでいる人は少なくなっており、「この中で読んだものはない」という回答は5年間で43%から48%へと増加している。

 雑誌は読んでいる層に各誌特徴がある。男女年齢別の読者層については図録3969b(主要誌)、図録3969e(コミック誌)参照。

 取り上げた週刊誌は、図の順に、週刊文春、週刊新潮、週刊現代、週刊ポスト、週刊朝日、サンデー毎日、AERA、FRIDAY、SPA!、週刊プレイボーイ、週刊アサヒ芸能、女性自身、女性セブン、週刊女性、an・an、日経ビジネス、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊モーニング、週刊ビッグコミックスピリッツ、TVガイド、週刊テレビジョンである。

(2020年1月19日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)