日本の島は、海岸線の長さが100メートル以上という定義で6,852島である。そのうち、北海道、本州、四国、九州、沖縄本島の5島を「本土」と呼び、人の暮らしている418島を「有人離島」、人が暮らしていない島を「無人島」と呼んでいる。有人離島には約62万人が暮らしている(東京新聞大図解シリーズ「日本の離島」2018年8月5日、以下同様)。

 そもそもの「島」の定義であるが、国連海洋法条約では、オーストラリア大陸よりも大きな陸地を「大陸」、グリーンランドより小さな陸地を「島」としている。日本の「本州」は世界で7番目に大きな島である。

 日本の主な島の面積と位置を図示した。北方四島については図録7230a参照。

 離島の大きな産業は豊かな自然を生かした観光である。以下に観光客数上位の離島を掲げる(2014年データ)。

1.石垣島(沖縄)111万6000人
2.小豆島(香川)107万4900人
3.竹富島(沖縄)52万4100人
4.佐渡島(新潟)50万8000人
5.直島(香川)48万9300人

 島しょ部に出生率の高い地域が多い点については図録7257参照。

 対象とした島は、本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島を除くと、大きい順に、沖縄島、佐渡島、大島(奄美大島)、対馬、淡路島、下島(天草諸島)、屋久島、種子島、福江島、西表島、色丹島、徳之島、島後(隠岐諸島)、上島(天草諸島)、石垣島、利尻島、中通島、平戸島、宮古島、小豆島、奥尻島、壱岐島、屋代島、沖永良部島、江田島・東能美島・西能美島、大島(伊豆大島)、長島、礼文島、加計呂麻島、倉橋島、八丈島、下甑島、大三島、志発島、久米島、喜界島、西ノ島(隠岐諸島)、三宅島、能登島、上甑島、大島(伊予大島)、大崎上島、久賀島、口永良部島、因島、中之島、針尾島、中ノ島、生口島、若松島、南大東島、厳島(宮島)、大矢野島、伊良部島、与那国島、諏訪之瀬島、宇久島、父島、奈留島、新島である。

(2004年10月31日収録、2018年8月5日島の定義ほか)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ  
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)