日本雑誌協会が公表している雑誌発行部数のデータからコミック誌(マンガ雑誌、漫画週刊誌)のランキングを掲げた。一般雑誌のランキングは図録3968参照。

 日本のコミック誌の中で最も発行部数の多いのは、少年向けの「週刊少年ジャンプ」であり177万部である。これは総ての雑誌のなかで最多の数字であり、コミック誌を除く雑誌一般の中で最多の「週刊文春」61万部の約3倍となっている。

 これに、同じ少年向けコミック誌の「週刊少年マガジン」が80万部で続いている。

 男性向けコミック誌では「週刊ヤングジャンプ」が51.8万部でトップ、、少女向けコミック誌では「ちゃお」が41.6万部でトップ、女性向けコミック誌では「エレガンスイブ」、「フォアミセス」が15万部でトップである。

 2008年3月には「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が同じ日に創刊してから2009年で50周年を迎えるのを機にライバル関係にあった両誌がそれぞれの人気漫画を組み合わせた増刊号の共同発行などタッグを組むことが報じられ、これまでではあり得ない話として話題となった。前年と比べ少年マガジンが200万部を下回り、少年サンデーが100万部を下回ったことがこうした提携を促したと考えられた。

 その後もさらに部数の減少は著しい。過去のデータ(2012年版)を参照。

 図に掲載したコミック誌81誌は次の通りである。週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、コロコロコミック、週刊少年チャンピオン、月刊少年マガジン、週刊少年サンデー、ジャンプスクエア、月刊コミック電撃大王、少年エース、別冊コロコロコミックSpecial、電撃だいおうじ、コロコロイチバン!、別冊少年マガジン、ウルトラジャンプ、ドラゴンエイジ、ゲッサン、少年マガジンR、サンデーGX(ジェネックス)、月刊少年シリウス、週刊ヤングジャンプ、ビッグコミックオリジナル、ヤングマガジン、週刊漫画ゴラク、ビッグコミック、週刊漫画TIMES、モーニング、コミック乱、コミック快楽天、漫画アクション、グランドジャンプ、まんがタイムオリジナル、ビッグコミックスピリッツ、ガンダムエース、漫画ゴラクスペシャル、まんがタイム、コミック乱ツインズ、ビッグコミックスペリオール、ヤングアニマル、コミック快楽天ビースト、コミック失楽天、イブニング、COMIC魂、月刊ヤングマガジン、コミック華漫、アフタヌーン、電撃G’sコミック、コミックビーム、good! アフタヌーン、モーニング2、少年マガジンエッジ、月刊!スピリッツ、ちゃお、りぼん、別冊マーガレット、花とゆめ、LaLa、Sho-Comi、なかよし、ASUKA、別冊フレンド、LaLa DX、Cheese!、マーガレット、ザ・マーガレット、ベツコミ、エレガンスイブ、フォアミセス、BE・LOVE、プチコミック、Kiss、花音、恋愛白書パステル、ココハナ、office YOU、デザート、MELODY、フラワーズ、Cookie、ハーモニィRomance、Young Love Comic aya、FEEL YOUNG。

(2007年11月16日収録、2008年5月8日更新、2014年1月22日更新、2019年12月29日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)