主要OECD諸国のたばこ喫煙人口比率の推移を図示した。

 対象国は、最近年の比率の高い順に、フランス、イタリア、ドイツ、日本、韓国、英国、デンマーク、オランダ、米国、スウェーデンである。

 全体傾向としては、明らかに、各国でたばこ喫煙人口の比率は低下してきている。以前は国ごとにかなり大きな差があったのであるが今では、10%強の米国、スウェーデンと20%台のフランスを除くとほぼ各国20%弱の水準に収斂してきている。

 たばこ価格との相関図を描いてみると、相関度はそれほど高くないがマイナスの相関が見られる(参考図参照)。2003年当時と比較すると価格は上昇し、喫煙率は低下する傾向にあることが理解される。日本や韓国はフランス、ドイツ、イタリアといった西欧主要国より高い喫煙率だったのが、今は、逆転している。

 なお、スウェーデンは税率を上げすぎて、喫煙人口が減り、税収が減ったため、再度税率を下げて、喫煙人口が増加していると聞いたことがあるが、ここでのデータではなお未確認である(図録4740参照)。

 同じデータの男女別の喫煙率については図録2214参照。

(2005年12月16日収録、2008年10月25日更新、2011年10月14日更新、2013年5月31日更新、2015年6月15日更新、2019年7月21日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 健康
テーマ  
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)