図には地域内(都道府県内)の所得格差をあらわすジニ係数を都道府県毎に掲げた。

 最も所得格差が大きいのは沖縄であり、高知、愛媛、栃木・東京・和歌山がこれに続いている。

 地域内の所得格差が最も小さいのは広島であり、石川、福井がこれに続いている。

(2006年3月3日収録、2007年3月23日更新、2011年10月31日更新、2016年10月31日更新、2024年1月14日全国消費実態調査から全国家計構造調査に変更して更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ 格差
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)