伝説上、天皇家の初代神武天皇の即位はBC660年とされている。また、現在確認できる資料から6世紀以降は王朝が交代した証拠がない日本は少なくとも1500年以上の長い歴史を有している。また日本の皇室はその長い歴史において世界で唯一「万世一系」を貫いている。

 エチオピア皇帝家はメネリク1世を始祖としてBC10世紀から3000年続く世界最古の皇室とされていたが、エチオピア帝国が1974年ハイレ・セラシエ1世廃位により消滅した。

 この結果、日本の天皇家が世界最古の王家となり、この点は「ギネス世界記録」でも認定されている。

 世界で2位、欧州で最も古い王室はデンマーク。ゴーム王(936〜958年)を初代として現在54代の女王が在位している。

 3番目の長さを誇るのは英国である。英王室は1066年フランスから上陸したノルマンディー公ウィリアムがノルマン王国を創始して原型が作られた。英王室では当初フランス語が話されており、英語が使われ始めたのは1272年即位のエドワード1世の時代からである。

 英王室は1688年名誉革命で絶対王政からいち早く「君臨すれども統治せず」の近代的立憲君主制へと移行した。

 英国の女王は、英連邦王国に属するすべての国の国家元首も兼ねている。英連邦王国に属するのは英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントビンセント・グレナディーンなど16カ国である。

 4番目に歴史が長いスペインでは1931年に共和制が成立したが1975年に王制が復活。国王はフランス王家の支流ブルボン家の直系である。2014年にはスペイン国王ファン・カルロス1世が退位、新国王フェリペ6世が46歳で即位した。

(2020年9月22日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ
情報提供 図書案内
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料がサイト支援につながります。是非ご協力下さい)